思い描いた未来の実現へ

大学入試改革

大学入試改革の影響(中学2年生)

新しいテスト(共通テスト)になって4年目受験を迎える学年です。 また、現在の学習指導要領を高校3年まで利用する最後の学年です。学習指導要領と受験方式の両方を変える高大接続改革の過渡期にあたり、 学習指導要領はそのままで、受験方式は新しいという学年の最後です。 大学受験年度は2023年度ですが、2024年度から共通テスト本格実施に伴い、大幅は変更がある予定です。現役合格が強く望まれる学年です。

学習指導要領

現行の学習指導要領を使用し、次期学習指導要領は使用しません。

共通テスト

先行実施される4年目です。国語で20~30字程度、40~50字程度、80~120字程度を記述する問題がぞれぞれ1問、計3問出題される予定です。
数学は、数学Ⅰ、数学ⅠA受験者に対し、数学Ⅰの内容の記述(マークセンスも含む)が3問出題予定です。
 試験時間は、国語がセンター試験の80分から100分に延長され、数学も記述のある数学Ⅰ、数学ⅠAは60分から70分に延長されます。 また、国語の記述に関しては、段階評価を採用しての採点になります。
英語は共通テストと、民間の資格・検定試験の両方が用意され、大学によってどちらか片方または両方を利用できます。 センター試験の「筆記」は「筆記(リーディング)」に改められ、試験時間は変更ありません。 民間の資格・検定試験については、2020年度に実施される最初の共通テストで活用される7団体24の資格・検定試験※が決まりました。

学びの基礎診断

国語総合・数学Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅰの3教科を、高校1年、高校2年の間に複数回実施予定です。 成績を学校や生徒にフィードバックし、授業内容を改善することを主な目的としているため、受験には使用しない予定です。 中学校の学力調査テストのような位置づけです。

センター試験まで

公立高校入試まで

資料請求
学校行事案内
自習メイト生
大学入試改革
新潟県統一模試
新潟県教育委員会
�F�����lj�